2010年04月29日

小沢氏、幹事長続投を明言=「何もやましいことない」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、自身の資金管理団体の政治資金規正法事件に絡み、自らを「起訴相当」と検察審査会が議決したことに関し「わたし自身何もやましいことはない。与えられた職務を淡々とこなす」と述べ、幹事長続投を表明した。党本部で記者団の質問に応じた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

首相「引き続き頑張っていただきたい」小沢幹事長続投を支持(産経新聞)
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場(産経新聞)
名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組(毎日新聞)
消費者庁、ジオスとジー社に十分な説明要請(読売新聞)
posted by サカグチ テツオ at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。